台湾で食倒れ!1泊2日旅行でいく海外グルメ旅行

台湾で食倒れ!1泊2日旅行でいく海外グルメ旅行

1泊2日での海外旅行としては認知度が高い台湾。
日本人の観光地としても人気が高いためその魅力はいっぱいあり、グルメ以外にも自然や建造物など見所が満載!!
裏を返すと、1泊2日では回りきれない・弾丸旅行になってしまいがちです・・・

なので今回は台湾のグルメにフォーカスして1泊2日でも十分に満喫できるグルメスポットを紹介します!

※弾丸旅行で台湾の観光地を回るのもおすすめなので ▷こちらの記事 もご覧ください。

 

 

この旅行の基本情報

 

出発地 羽田空港国際線ターミナル
目的地 台湾桃園国際空港(たいわんとうえんこくさいくうこう)
利用便 【行き】LCC(タイガーエア台湾)
【帰り】LCC(ピーチ)
時期 2017年11月下旬
目的 グルメ
特殊な持ち物  ー

 

旅費について

台湾は旅費が安いことでも有名なところですが、1泊2日の旅行なのでさらに費用を抑えたい方が多いと思います。今回位はLCCにてホテルも格安の旅行をご紹介します。

交通費】
_¥28,655
宿泊費】
_¥3,785/1人 (2人宿泊の場合)
現地交通費】
_¥—–
食事代】
_¥—–

—【合計】—
¥32,440+α

交通費】
<行き>
LCC(タイガーエア台湾) ¥20,050
・5:00 羽田空港 発
・8:05 台湾桃園国際空港 着
→直行便4時間5分(時差1時間)
<帰り>
LCC(ピーチ) ¥8,605
・23:50 台湾桃園国際空港 発
・4:00 羽田空港 着
→直行便3時間10分(時差1時間)
※帰りの便が翌日早朝着の便のため格安になりました。また今回は土日の料金形態で平日の場合は3割ほど安くなります。
宿泊費】
ズ ジン チャン B&B(Zi Jing Cheng B&B) ¥3,785

台湾のグルメ3選(食事系)

1位 火鍋(ヒナベ)

 
火鍋は中国で有名な辛味の強い鍋として有名ですが、最近ではスープに含まれる薬膳が美容にいいとしても多くのメディアに取り上げられています。
・疲労回復
・美肌効果
・新陳代謝の増加
・整腸作用
・肥満改善
などなど多くの効果があると言われているので、味以外の楽しみもありおすすめです。

2位 小籠包(ショウロンポウ)

小籠包は日本でもメジャーな食べ物でほとんどの方が食べたことがあると思います。が、台湾で食べる小籠包はまた一味違ったものです。
薄い皮に包まれた熱々の肉汁入りスープが特徴で、絶対にたっべておきたいグルメなので2位にランクインさせました。

 

3位 牛肉麺(ニュウロウメン)

牛肉麺は日本ではさほど有名ではありませんが、台湾人の国民食とまで言われていて台湾に足を運ぶ際には食べておきたい一品です。
煮込んだ牛肉、スープ、小麦麺の食べ物ですが、一概に牛肉麺といっても、スープや麺、牛肉の種類も多岐に渡り提供しているお店も多いので食べ比べも楽しみ方の一つです。

 

台湾のグルメ3選(デザート系)

 

1位 マンゴーかき氷

最近日本でも提供しているお店が出てきましたが、マンゴーかき氷の発症は実は台湾です。
かき氷という名前ですが日本のお祭りなどで食べるかき氷とはかなり違い、お店によっては氷自体もマンゴーを使用していたり、ゴロゴロとマンゴーの果肉がのっていたりどこで食べても絶品です!!
台北に行くと提供しているお店もかなり多いので絶対食べておきたい鉄板スイーツです。

 

2位パイナップルケーキ

台湾のお土産といえばパイナップルケーキ!と言われるくらい有名名ものですが、実はお土産以外にもお店で食べられるんです。お土産と現地で食べるのでは一味違うかも!?

 

3位タピオカミルクティー

台湾の食べ歩きには鉄板のタピオカミルクティー。最近では日本でもタピオカの専門店ができるなど馴染みが深いものになっていますが、こちらも発祥は台湾!
いろいろなところで販売しているので台湾を歩って観光する際のお供に最適です!

 

まとめ

台湾はグルメの宝庫で日本人に合う味でもあるのはもちろん、何と言っても物価が安いため日本では考えられない料金で美味しいものが食べられます!!
また1泊2日では回りきれない場合はグルメ旅行・通常観光と分けて何回もいける手頃さも魅力の1つです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。